肌の老化に繋がる日焼けを防ぐには

日焼けは肌にダメージを与える事からシミやシワを招き、肌の老化現象の引き金となります。女性ならば誰もが避けたい肌の老化ですが毎日の生活の中で日焼けを全くしないと言うのはほとんど不可能です。

 

そこで重要なのは日焼け止めを上手く使う事と日焼けをしてしまった時に出来るだけダメージを少なくする事になります。その方法についていくつかご紹介したいと思います。

日焼け止めはこまめに塗りなおす

日焼け止めは季節や出かける時間に応じてなるべく肌に負担の少ないものを選びましょう。しかし真夏の海に行く場合やアウトドアなどの際にはある程度SPFの数値が大きい日焼け止めを選んだ方が良いでしょう。

 

また気を付けたいのは一般的に日焼け止めの塗りムラが多いので丁寧にしっかりと塗ると言う事です。顔の頬などの皮膚の薄い部分や海などで日焼けしやすい肩や首などの箇所は二度塗りをして薄くまんべんなく伸ばす様にしましょう。

 

また日焼け止めは朝塗って夜まで塗り直さないのではなく、こまめに塗り直す事で正しい効果が発揮出来ると言う事を知っておきましょう。特に夏は汗などで日焼け止めが落ちてしまいやすいのでしっかりした効果を望むのであればこまめな塗り直しは必須です。

日焼けをしたなと思ったら

もし気を付けていても日焼けをしてしまった場合には最初に充分冷やす事が大切です。場合によっては軽い火傷の様になっている時もあるからです。日焼け部分を冷やしてから冷たいローションなどで保湿しましょう。

 

肌が充分落ち着いてからビタミンCなどの美容成分を配合したパックをするのも効果的です。いずれにしても過度な日焼けは極力避ける事が大切です。もし日焼けをしてしまったら出来るだけ早く適切なケアする事が肌にシミやシワを作らないポイントです。

紫外線対策、美白ケアを含むスキンケア商品を選ぶなら「肌うらら」がおすすめです。いろいろな化粧品をコスメコンシェルジュや化粧品検定1級の美容ライターがレポートしてくれています。

日焼けを防ぐ栄養素

最近では塗る日焼け止めの他に日傘サプリなどと言われる飲む事で内側から日焼けを防ぐサプリメントも開発され、広く販売される様になりました。サプリメントに配合されているリコピンやポリフェノールなどの栄養素が日焼けをブロックしてくれると言う物です。

 

また日焼けをしてしまった後のケアにはビタミンCやビタミンEが有効だと言われています。サプリメントだけではなく毎日の食事で取れる色々な食物の栄養素の中にも日焼けによるダメージを防いでくれる物があるので、日焼けをした後にはこれらの栄養素を含んだ食べ物を毎日の食事に積極的に取り入れてみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です