肌の老化に繋がる日焼けを防ぐには

日焼けは肌にダメージを与える事からシミやシワを招き、肌の老化現象の引き金となります。女性ならば誰もが避けたい肌の老化ですが毎日の生活の中で日焼けを全くしないと言うのはほとんど不可能です。

 

そこで重要なのは日焼け止めを上手く使う事と日焼けをしてしまった時に出来るだけダメージを少なくする事になります。その方法についていくつかご紹介したいと思います。

日焼け止めはこまめに塗りなおす

日焼け止めは季節や出かける時間に応じてなるべく肌に負担の少ないものを選びましょう。しかし真夏の海に行く場合やアウトドアなどの際にはある程度SPFの数値が大きい日焼け止めを選んだ方が良いでしょう。

 

また気を付けたいのは一般的に日焼け止めの塗りムラが多いので丁寧にしっかりと塗ると言う事です。顔の頬などの皮膚の薄い部分や海などで日焼けしやすい肩や首などの箇所は二度塗りをして薄くまんべんなく伸ばす様にしましょう。

 

また日焼け止めは朝塗って夜まで塗り直さないのではなく、こまめに塗り直す事で正しい効果が発揮出来ると言う事を知っておきましょう。特に夏は汗などで日焼け止めが落ちてしまいやすいのでしっかりした効果を望むのであればこまめな塗り直しは必須です。

日焼けをしたなと思ったら

もし気を付けていても日焼けをしてしまった場合には最初に充分冷やす事が大切です。場合によっては軽い火傷の様になっている時もあるからです。日焼け部分を冷やしてから冷たいローションなどで保湿しましょう。

 

肌が充分落ち着いてからビタミンCなどの美容成分を配合したパックをするのも効果的です。いずれにしても過度な日焼けは極力避ける事が大切です。もし日焼けをしてしまったら出来るだけ早く適切なケアする事が肌にシミやシワを作らないポイントです。

紫外線対策、美白ケアを含むスキンケア商品を選ぶなら「肌うらら」がおすすめです。いろいろな化粧品をコスメコンシェルジュや化粧品検定1級の美容ライターがレポートしてくれています。

日焼けを防ぐ栄養素

最近では塗る日焼け止めの他に日傘サプリなどと言われる飲む事で内側から日焼けを防ぐサプリメントも開発され、広く販売される様になりました。サプリメントに配合されているリコピンやポリフェノールなどの栄養素が日焼けをブロックしてくれると言う物です。

 

また日焼けをしてしまった後のケアにはビタミンCやビタミンEが有効だと言われています。サプリメントだけではなく毎日の食事で取れる色々な食物の栄養素の中にも日焼けによるダメージを防いでくれる物があるので、日焼けをした後にはこれらの栄養素を含んだ食べ物を毎日の食事に積極的に取り入れてみると良いでしょう。

外出時間に合わせた紫外線対策で上手にシミを予防しよう!

歩いて五分ほどの近所にお買い物に行く際、紫外線ケアをする方法として正解なのは「数値の高い日焼け止めを塗れば安心」「日傘だけで十分」「帽子やフードをかぶるだけで問題ない」のうち、どれだと思いますか?

 
このクイズを参考にしながら、今回はお肌に負担をかけない紫外線ケアについてご紹介したいと思います。

少しの外出なら低めの数値の日焼け止めで十分

数値が高い日焼け止めだとそれだけ紫外線をブロックしてくれる効果があると思って手に取る方も多いようですが、数値が高い日焼け止めはあくまで長時間の外出や炎天下でのスポーツ時に使うのに適していると言われています。

 
その為、冒頭にあるような短時間の外出であれば、そこまで数値の高い日焼け止めを使う必要はないのです。

 
また、数値が高い日焼け止めは効果が高い分、クレンジングでしっかり落とさないと却ってお肌に負担をかけてしまいシワの元になってしまうこともあります。
日焼け止めを選ぶ時は、自分が紫外線に当たる時間がどれくらいかを考えたうえでお肌に負担の少ない物を選ぶことがとても大切なのです。

短時間の外出なら日傘をうまく活用しよう

その点、多少かさばるとしても日傘はお肌に負担をかけることもほとんどなく、最近では雨の日でも使える日傘も販売されているのでとても便利なアイテムです。

 
差す角度によっては日差しが当たってしまうこともあるので多少の注意は必要ですが、冒頭にあるような短時間の外出などであれば日傘のみでも十分紫外線対策になるかと思います。

 
実際に入念に紫外線ケアをしている方の場合は、早くて三月頃から日傘を差す方お見受けします。
紫外線だけでなく夏場の暑い日差しを遮ることもできるので、女性であれば一つは持っておいて損のないアイテムとも言えますね。

帽子やフードで紫外線を防ぐのは難しい

最後になりますが、帽子はあくまで熱射病などを防ぐ為のものであって、角度次第では紫外線が当たることも少なくないため紫外線対策に向いているアイテムとは言い難いものです。

 
同じくパーカーを被ったとしても、生地によっては紫外線が通過してしまうこともあるので短時間の外出だからといって帽子やパーカーで紫外線を防ぐことはほぼ不可能と言えます。

 
今回は、紫外線対策について三つの例を挙げましたが、日頃の紫外線対策について当てはまるものはどの項目だったでしょうか?

 
ちょっとした時間の外出であっても、紫外線を浴びた量によっては忘れた頃にシミやそばかすとなって自分に返ってきてしまいます。
面倒であってもその一手間が未来の貴方のシミを一つ減らすと思って紫外線対策に励みましょう。