気になる思春期ニキビの原因、今更聞けない大人ニキビのケア

 

気付いたらおでこやほっぺたに出来ている赤くプクッとしたニキビ!

いつも通りのスキンケアをして薬を塗って、、、

 

“ちょっと待った!!!それってどのニキビ?”

 

少しのケアで良くも悪くもなるその「ニキビ」の正体をしっかりと理解し、根本的な原因、

正しいケアの方法を学んでいきましょう!

 

まずはニキビとは?についてお話します。

 

一般的に呼ばれるニキビには、大きく分けると「思春期ニキビ」と「大人ニキビ」になります。

簡単に説明していくと・・・

 

 

思春期ニキビとは?

 

 

「思春期ニキビ」とは、主にTゾーン、頬っぺたに発生します。

中高生になると、第二次性徴期のど真ん中にいるので、成長ホルモンと呼ばれるホルモンバランスが大きく変化していきます。

そのホルモンの分泌量により、ニキビの大きな原因となる“皮脂の分泌”が過剰に発生し、その皮脂が毛穴に詰まることによってきれいに汚れを落とすことが出来ずに菌が増え「ニキビ」となるのです。

 

先ほど説明した“皮脂の分泌”ですが、全てが毛穴に詰まりニキビになるわけではありません。

皮脂にはとても重要な役割があり、肌や毛穴に潤いを与えて乾燥を防ぎ、体内の水分が蒸発しないように皮膚に膜を張り、菌から防いでいます。

ここで重要となるのが「過剰な分泌」になります。

私たちの体には、“アクネ菌”という皮膚常在菌が存在します。思春期にはどうしても性徴期の関係でホルモンのバランスが乱れてしまうので、過剰な皮脂の分泌が避けられません。

その為、毛穴に皮脂がたまりやすくなり、発生するのが“思春期ニキビ”なのです。

 

大人ニキビとは?

 

思春期ニキビと同じように見えますが、原因や特徴が全く違います。

皮脂の過剰分泌も関係していますが、大きな原因として、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の乱れや肌のバリア機能の低下、睡眠不足や生活習慣、食生活の乱れがあげられます。

大人ニキビができやすい場所はアゴ周りや口回りなどですが、原因が皮脂の過剰分泌だけではないので、皮脂腺の少なく乾燥しやすい部分にもできるのが特徴です。

 

  思春期ニキビ 大人ニキビ
発生しやすい部位 おでこ~鼻のTゾーン アゴ~口周り
原因  

皮脂量の急激な増加、毛穴つまりなど

皮脂の過剰分泌、毛穴つまり、ターンオーバーの乱れ、乾燥、ホルモンバランスの影響、生活習慣の乱れなど

 

 

実は、睡眠や食生活もニキビに大きく関係しているのです!!!

 

 

食事がニキビに関わる?

 

 

まずは、食べ物や飲み物化粧品などでもよく目にする「ビタミンC」

ニキビの大きな原因となっている皮脂の分泌、炎症を抑える働きがあるので、積極的に摂取したほうがよいでしょう。

そこでより効果を得る為には、“生で食べる”事をおススメします!

ビタミンCは熱に弱いので、野菜など火を通す場合は時間を短くするなどの工夫が必要になります。

果物だと手軽に生で食べられるのでお子様でもおいしくいただけます♡

レモン、キウイフルーツ、アセロラなどが代表的です!

野菜では赤ピーマン、黄ピーマン、キャベツ、さつまいもやジャガイモにも含まれています。

食品名 摂取量(目安)
キウイフルーツ 2個
いちご 10個
グレープフルーツ 1個
  4個
赤ピーマン 1個
黄ピーマン 1個
ブロッコリー(ゆで) 5個
ほうれんそう(ゆで) 4束
ジャガイモ 5個
さつまいも 1本

 

どのくらい摂取すればいいの?思いますよね!

 

 

あくまでもおおよその目安となっていますので無理せずに自分が出来る範囲で継続することが大切です!

次は睡眠についてお話します。

睡眠が肌にどうかかわるのか?

ここで大きく関係してくるのが「成長ホルモン」です!

身長を伸ばすだけでなく、お肌の生まれ変わりを正常に保つ働きもしています。

成長ホルモンは、眠っている間にしか分泌されません。

寝ている間肌の隅々まで血液が巡り、栄養がいきわたるのでこのタイミングでお肌の修復を行っているのです。

 

もちろん、眠る時間もとても重要です!

お肌のゴールデンタイムと呼ばれる時間は夜の10時~2時の間です!

眠る前の時間の過ごし方も大切!より良い睡眠がとれるように心がけるべき事は・・・

  • 眠る前にカフェインやお酒を飲まない
  • スマートフォンやパソコンを触らない
  • 眠る一時間前くらいに体を温める

です!一見大変そうに思いますが、少しの工夫で簡単にクリアできることですのでストレスにならない程度から始めていきましょう。

 

特に、スマートフォンやパソコンから発しているブルーライトは、ホルモンの分泌を大幅に抑制してしまうので要注意!!!

ブルーライトカットの眼鏡をかけたりしで少しでも睡眠の質を上げていくのも効果的です。

 

普段、あまり意識していない睡眠や食生活が大きく肌に関係していることがお分かりいただけたでしょうか?

もちろん、全てをしっかりとできればよいのですが、それが大きなストレスにつながると更にお肌に悪影響を及ぼすので、無理せず自分の出来る範囲で続けることが大切です!

 

スキンケアも食生活もそうですが、人によって体にあうものが違うのでいろいろ試してみて自分に合った最高のお手入れをしていきましょう!

 

少しの努力と正しい知識で美肌維持は簡単にできます!

オシャレやメイクを心から楽しめるように頑張っていきましょう!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です